はるか昔から伝わる伝統的な文化│成人式の晴れ姿を写真に残す

メンズ

子供の成長を祝う

男の子

誰しも子供の頃に経験をしたことがある七五三は、とても大切な文化なのです。昔から伝わる風習の一つで、子供の成長を祝い願う行事で三歳になった男女の髪の毛を一定の年齢まで伸ばし始める日といわれていました。五歳になった男児は、今まではとは違う大人の服装に似た着物を着るようになり、七歳になった女児は紐で締めていた着物を帯で締めるようになりました。昔は、こういった風習は、位の高い武家の間でしか行なわれていませんでした。しかし、江戸時代頃から多くの市民の間でも祝われるようになったのです。この時から、現代のように千歳飴が祝いで配られるようになり七五三の祝いの象徴になったのでしょう。

上記のように、昔から大切されてきた子供の成長過程を祝う七五三は今では写真に収めるようにもなりました。男の子は青や緑など寒色系の袴を着て、女の子は色とりどりの着物を着て写真を撮ります。一度きりの事なので、大切な記念として残す家庭が増えたのでしょう。多くの家族の場合は、参拝をする神社の入り口などで写真を撮ります。ですが、最近では綺麗に写真を撮りたいといってスタジオで記念写真を撮る人も増えているのです。そういった人達にために、写真スタジオでは七五三専用の撮影プランを用意している場所も増えています。七五三の撮影にあうような小物や、背景の中で撮影をすることで満足のいく写真を撮ることが出来るでしょう。子供だけではなく、家族で写真を撮る事もできるので、家族の思い出の写真を増やすことも出来ます。