はるか昔から伝わる伝統的な文化│成人式の晴れ姿を写真に残す

カメラマン

最新記事一覧

情報を集める

撮影所

大阪の写真スタジオで撮影をするならば、自分がイメージする衣装や小物があるかどうかを確認する必要があるでしょう。こういった内容は、インターネットで調べることができるので気になる情報を手に入れることができます。

詳しく読む

子供の成長を祝う

男の子

子供の成長を祝う七五三は、江戸時代よりも前から伝わる文化の一つです。今では、多くの撮影スタジオで写真を撮ることが出来るので、記念に残る大切な一枚を撮ることができるでしょう。

詳しく読む

伝統的な文化

着物の女性

二十歳を超えた誰もが経験したことのある成人式は、日本古来からの風習として伝えられてきました。男の子は、昔の成人年齢と言われている11歳以上の歳に、初めて冠や髪の毛の形や服装を大人と同じような格好に改める儀式がありました。女の子は男の子よりも成人する年齢が遅く、13歳以上になると長くのばしていた髪の毛を綺麗に結い上げて着飾る儀式があります。この風習が由来になっており、今では、女性は着物やドレスを着て化粧をして綺麗に着飾ってから写真を撮るようになりました。男性はスーツや袴を着て写真を残します。成人式は今では国民全員で二十歳の人達を祝う行事となり一月の第二月曜日に成人の日という祝日として定められたのです。

このように、大人への階段を上る節目と言われる成人式は二十歳を迎える多くの人達が記念に写真を残します。今では、多くの写真スタジオで成人式の人達の為に特別なプランを用意している場所が増えています。そのプランでは、写真撮影が普段の料金よりも安くなったり。衣装を好きなだけ着ることができたりするので、自分の満足いく写真を撮ることが出来ます。スタジオによっては、衣装を持ち込むこともできるので代々親から子に受け継がれてきた着物を着て撮影をすることもできるので、衣装の持ち込みをしたい人は写真スタジオを事前に探しておいたほうがいいでしょう。そうすることで、スムーズに撮影を行なうことができます。

撮影の日を決める

和服

多くの人が、成人式当日に写真を撮影しようと考えますが、成人式当日は式典や着付けなどでハードになってしまい疲れてしまう可能性があるので、撮影は別の日に行なうほうがいいでしょう。スタジオによっては、式典の際に着用していた着物で写真を撮ることができます。

詳しく読む